グランドセイコーの値段

グランドセイコーの値段はピンからキリまでなので、質で購入を選ぶことが大切です。通常価格が8万円クラスのを1万5千円ぐらいで販売しているお店があります。さらに、三年延長正規保証が付いているのでかなりお得感があります。 一般的には30万円とか、50万などもっと高価なものもあります。グランドセイコーは、作りに独特な特徴があり、美しいひげぜんまいの調整ができることや、シンプルな機構で高精度のものなどです。職人の心のこもった気遣いが、腕にはめて使う人の気持ちに響いてくるので、分身のような存在感があります。 気になる修理代金ですが、内装技術修理料金は3万円から6万円ぐらいで内装修理、オーバーホール、ライトポリッシュ込みの料金です。外装技術修理料金は、貴金属側と貴金属バンドで1万円プラス部品代です。電池交換料金では、非防水などは4千円、10気圧の防水時計は5千円ほどです。バンド修理料金と電池交換料金のセットで8千円と部品代がかかります。研磨料金は研磨箇所によって料金が違っており、ケース、バンド、ケースとバンドという3種類で料金が設定されています。予算の関係でまとめて費用を安く抑えるならセット料金を活用するとか、キャンペーンを利用するという方法があります。いずれにしても長く大切に使うために定期的なメンテナンスをお店でやってもらうのが上手な使い方です。人間の体のメンテナンスと同様にグランドセイコーのメンテナンスをしてあげることで物の価値がよくわかり、優しい心を持ち続けられるようになります。



RECOMMENDED

グランドセイコーとは日本の腕時計メーカーの高級ブランドの一つです。修理部品は10年保存されているので修理しながら長く使用できます。

ウブロはスイスの時計メーカーで、メンズ、ウィメンズとも洗練された芸術的なデザインが特徴となっています。

パテックフィリップはスイスの時計メーカーで、カルティエやティファニー等の宝石店向けに製品を製造していたことでも有名な会社です。

ブシュロンは1858年に創業した、フランスの高級宝飾品ブランドの名称です。現在ではジュエリーだけではなく香水なども開発しています。



グランドセイコーの魅力

「時計をもつならやはり日本のブランドを」とこだわるかたは多いのではないでしょうか。 グランドセイコーは1960年に創立された日本の代表的時計ブランドです。シンプルですが上品で使いやすいデザインは日本だけにとどまらず世界中にも愛用者が数多く存在します。 グランドセイコーの特徴は実用性へのこだわりです。ブランド創立以来実用性の最高峰を追及しており、文字盤の見易さや、長い時間身に着けることのできる耐久性、時を刻む正確さなどの技術に情熱を注いできました。 文字盤においては針やインデックスの太さや厚さなど、一番見やすいように作成されています。今の形にいたるまでには、角度や幅など何回も試行錯誤が繰り返されています。耐久性においては傷がつきにくいサファイアクリスタルを使用し、さらにそのうえから特殊コーティングがほどこしてあります。またバンドもメタル製の頑丈なものを使用していたり、簡単に腕から落ちてしまわないようなデザインなど様々な部分に工夫がされています。 そして時を刻む正確さの要はムーブメントにあります。創立以来ひとつひとつ長い工程をかけて丁寧に作られており、温度や湿度に関しても厳重なチェック体制が整っています。 使用する素材は高品質のものを使用しており、機械で調整できない箇所においては熟練の技術も持った職人の手により最終調整されます。このような丁寧な作業でつくられたムーブメントは数年経過しても狂うことなく時を刻み続けてくれます。